SDGs(エスディージーズ) 4つの宣言!

みぞぐちクリニック
S D G s
(エスディージーズ)
4つの宣言!

宣言 1

  • 目標2飢餓をゼロに
  • 目標3すべての人に
    健康と福祉を

みぞぐちクリニックは医療と栄養学を組み合わせたオーソモレキュラー栄養療法を使って、通常の医療機関では不調の原因がわからない。あるいは治療が困難な方の病状を改善したり、病気を予防することで世の中に貢献いたします。

なお、当院がカバーしている主な疾患領域は精神疾患(発達障害、うつ病、統合失調症、パニック障害・不安障害)、産婦人科・婦人科疾患(不妊、子宮筋腫)、アレルギー疾患(花粉症、アトピー性皮膚炎)、感染症などと幅広く、開業以来延べ20,000人以上の方にご来院いただいています。

また、院長である溝口の著書は、中国、韓国、インドネシアなどで翻訳され出版され、国際学会においてもオーソモレキュラー栄養療法について講演しています。今後は日本国内だけでなく地球・世界規模で栄養素の不足による病気を撲滅するために国内・海外でオーソモレキュラー栄養療法のセミナーや勉強会を実施、啓蒙活動を行い、微力ながらSDGs(エスディージーズ)2、3の実現に取り組んでまいります。

宣言 2

  • 目標4質の高い教育を
    みんなに

当院ではオーソモレキュラー栄養療法や栄養と食事の大切さなどについて、広く一般の方々へ理解していただけるよう、講演やセミナー活動を継続してきています。最近では、SNSを介した双方向のコミュニケーションも用いながら正しい情報を伝えるよう努力しています。また院長の溝口が代表理事をつとめている一般社団法人オーソモレキュラー栄養医学研究所を通じて医療従事者、一般の方向けに質の高いオーソモレキュラー栄養療法を学習していただく講座を実施し、医療従事者の方にONP、一般の方向けにONE、ONSの資格を発行させていただいています(ONP・ONE・ONS・計1800人、2022年3月現在)。

宣言 3

  • 目標8働きがいも
    経済成長も

一般社団法人オーソモレキュラー栄養医学研究所の各種認定者には、全国のオーソモレキュラー栄養療法実践医療機関での栄養カウンセラーとしての勤務だけでなく、各々の仕事にオーソモレキュラー栄養療法の専門知識を応用することによって、新しい働くスタイルを確立される方が多くいらっしゃいます。当院では、今まで以上に働きがい・やりがいのある仕事を大幅に創出し、社会に貢献してまいります。

また、オーソモレキュラー栄養療法の啓蒙のためにONP・ONE資格者には起業に必要な知識・スキルも教育し、新しい雇用の創出、日本経済の成長・発展にも貢献いたします。

宣言 4

  • 目標17パートナーシップで
    目標を達成しよう

当院では当院以外でもオーソモレキュラー栄養療法を実践するパートナークリニックを増加させ、お互いセミナーや情報交換をすることでオーソモレキュラー栄養療法の質の向上を図ってまいります。

また、今まで以上にオーソモレキュラー栄養療法を行うための血液検査機関を増加。オンライン診療を取り入れることで、今までオーソモレキュラー栄養療法にアクセスしづらかった方にもオーソモレキュラー栄養療法を受けていただきやすい環境をつくってまいります。

そして、日本だけでなく広く世界の方々のために一般社団法人オーソモレキュラー栄養医学研究所とともにオーソモレキュラー栄養療法の健全な発展のために貢献してまいります。

SDGs(エスディージーズ)とは

「SDGs(エスディージーズ)」とは「Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標」の略です。
2015年9月に行われた国連サミットにて加盟国全会一致で採択された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指すための国際目標です。17のゴールと169のターゲットから構成されており、地球上の誰一人取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。発展途上国だけではなく、先進国が取り組むユニバーサルなものであり、日本も積極的な取り組んでいます。