院長・医師紹介

院長挨拶GREETING

十分な栄養素が、
自分の心と身体を、
より良い状態に改善させます

医療法人 回生會 理事長
みぞぐちクリニック 院長

溝口 みぞぐち とおる

自分にとって必要な栄養素を知ること。そして、その栄養素を十分に摂取すること。正しく、十分な栄養素が、自分の心と身体を、より良い状態に改善させます。

精神疾患の診断を受け、多くの薬を用いて対症療法の治療をされている方が多すぎます。最適な代謝が、脳内の神経伝達物質の分泌を適正化します。

その結果、薬が必要であった症状の多くが改善することを、分子栄養学的なアプローチでは多く経験します。
日々の診療で経験する多くの患者さんの経過や、その背景にある学術的な作用を、できるだけわかりやすく伝えてゆきます。

本来の自分らしさ取り戻すために、少しでも役立てていただければ嬉しく思います。

経歴

1964年
神奈川県出身
1990年
福島県立医科大学卒業
1995年
横浜市立大学医学部付属病院、国立循環器病センター勤務を経て、神奈川県藤沢市に溝口クリニック(現 辻堂クリニック)を開設。
痛みを専門に扱うペインクリニックを中心に、広く内科系疾患の診療にも従事。
2000年
一般診療に分子栄養学的アプローチを応用し始め、治療が困難な疾患に対する栄養療法を実践し多くの改善症例を持つ。
2003年
日本初のオーソモレキュラー栄養療法専門クリニック『新宿溝口クリニック』を開設。
毎日の診療とともに、患者や医師向けの講演活動を行っている。
2021年4月
クリニックを東京・八重洲に移転

所属・資格

  • 栄養解析医
  • 栄養解析レポート監修
  • 社)オーソモレキュラー栄養医学研究所 代表理事
  • 日本抗加齢医学会 評議員
  • 2018年国際オーソモレキュラー医学会 Hall of Fame
  • 2020年第2回日本オーソモレキュラー医学会総会 会頭

医師紹介DOCTORS

みぞぐちクリニック

今野 こんの 裕之ひろゆき

精神疾患はそのほとんどにおいて明確な原因がわかっておらず、したがって根本的な治療法も確立されていません。

では我々は何をしているかというと、薬などの手段を用いて病気の症状をコントロールして社会生活を維持するお手伝いをしているのです。

精神疾患はさまざまな要因で悪化するため、薬や心理療法だけではどうしても良くならない方々が多くいらっしゃいます。標準的な医療で良くならない人たちを目の前にしたときに、治療をあきらめたくはありませんでした。

何かできることはないだろうかと考え、勉強して辿り着いたのが栄養療法です。
個別の栄養素については薬のような信頼性の高いエビデンスは乏しいものの、安全性が高く人によっては本当によく効きます。
短期的に劇的な改善が望めない場合でも、辛抱強く続けることによって症状が安定し、薬の量を減らしていくことが可能です。

私が今専門としている認知症の治療でも、食事を見直し栄養素を十分に補給することによって多くの方の症状が改善しています。
認知症は加齢が大きく影響する疾患であり、その効果は永続的ではないとしても、まだ根本的な治療法が見つかっていない認知症と戦っている患者さん、そして私たち医療関係者にとって、少しでも症状が改善する可能性があるという事実は大きな希望の光となっています。

私自身も栄養療法のセオリーに従って生活をしていますが、子供の時はアレルギー持ちで大人になったからも体調を崩しがちだった自分が、大きな病気をすることなく健康を維持することができるようになりました。

一人でも多くの方に栄養療法を体験していただければと思っています。

経歴

1975年
新潟県出身
2001年
日本大学医学部卒業
2001年〜2015年
慶應義塾大学病院、日本大学医学部附属板橋病院、薫風会山田病院など勤務
2012年
医療法人幸和会 美咲クリニック
2012年~2015年
西東京市役所精神科産業医
2014年
新宿溝口クリニック(現:みぞぐちクリニック)
2015年
順天堂大学大学院医学研究科博士課程卒業
2016年
ブレインケアクリニック

学会

  • 日本精神神経学会
  • 日本精神分析学会
  • 日本抗加齢医学会
  • 日本認知療法学会
  • Institute for Functional Medicine(米国)

資格

  • 博士(医学)
  • 精神保健指定医
  • 精神科専門医
  • 認知症診療医
  • 抗加齢医学専門医
  • リコード法認定医

みぞぐちクリニック

仙田 せんだ 晶子しょうこ

幼少期は小児喘息を患っておりました。 体が弱く、風邪を頻繁に引いており、そのまま喘息が誘発され回復が長引く事を繰り返していました。
体が強くなるようにと水泳を習っていましたが、それでも風邪をひくと長引いて学校を休むという状況でした。医学部生時代には、山散策後に3週間微熱とリンパ節腫脹をきたし、慢性疲労症候群と診断されました。

医師になっても疲れやすく、体力不足を実感する日々の毎日でした。 ある時、ビタミンDを飲むきっかけがありそこから風邪罹患の頻度が減り、疲れにくくなった事を実感しました。

また、オーソモレキュラー栄養療法のドクターになり、世の中に効果のないサプリメントが沢山出回っている事、治療として使うサプリメントがそれら無効のサプリメントと同じスタンスで扱われている事に正直愕然としています。

現在は、がん治療をされている方々へのビタミンDの重要性や、女性の不定愁訴が減少し、元気に過ごせる人が増える可能性を強く感じ日々診療しています。

また、オーソモレキュラー栄養療法は高齢になっても最後の日まで『ピンピンコロリ』の、元気に過ごせる社会に貢献できる医療になると考えています。

経歴

1971年
東京都出身
1998年
東京大学内科研修、亀田総合病院初期研修、
のち富山医科薬科大学(現富山大学)和漢診療学講座入局
成田日赤病院内科勤務、鹿島労災病院内科勤務。
2008年~
茨城県つくばメディカルセンター (茨城県地域がんセンター)漢方外来設立。
現在も乳腺外来での治療による副作用の相談を数多く受けており、漢方併用による乳癌治療に貢献。
2014年~
新宿溝口クリニック(現:みぞぐちクリニック)勤務開始 
日本人の乳がん罹患者におけるビタミンD不足で再発のリスクがあること、漢方外来の不妊治療で食事や栄養状態が大切であるということから、漢方(現在漢方は保険診療につき当院では話のみ)と栄養療法の外来を行う。
また腸内環境が悪いために栄養療法の効果が表れにくい方々の(腸内環境を漢方などからのアプローチで)腸内環境を整え栄養療法が効きやすい身体づくりの治療を行う。
2011年~
井上記念病院糖尿病外来(漢方外来兼任) インスリンなどの注射治療もふくめ、外来従事。
糖質制限の工夫で、血糖管理が良くなることから、治療薬に加え糖質制限を患者様にあわせて勧めて血糖管理を行って現在に至る。
2018年~
エミクリニック東大前 漢方外来勤務 第1第3土曜日

資格

  • 日本内科学会認定医
  • 日本東洋医学会専門医
  • 日本医師会認定産業医

オーソモレキュラー栄養療法における得意分野

  • 免疫増強
  • 妊活(漢方の専門医でもあるので漢方を併用した妊活治療が得意)

みぞぐちクリニック

高瀬 たかせ 友理亜ゆりあ

私自身、幼少期の頃から過敏性腸炎、慢性疲労、頭痛、肩こり、肌荒れ、鬱など様々な体調不良に悩まされてきました。それらは「ストレス」と診断されてきましたが腑に落ちず、試行錯誤してきました。そして今、自分自身が医師となり、オーソモレキュラー栄養療法や腸内細菌学を学び実践することで、過去には想像ができなかったような、心身ともに健康的な日々を送ることができています。

思い通りに生きられない、治療をしても期待通りの結果が得られない、原因不明の不調で悩まれている方の背景には、栄養の大きな乱れや腸内環境の乱れが必発しています。

病の根本的な原因を探り、治癒を目指すことはもちろんですが、更なる健康、美しさ、そして日々のパフォーマンス向上を目指し、患者様がご自身の潜在能力を発揮できるためのお手伝いをさせていただきたい。そのような想いで診療させていただいております。

診療の中では、日常生活で役立つ考え方やアイテムなども適宜ご紹介させていただきます。どうぞお気軽にご相談ください。

経歴

幼少期をザンビア、ノルウェー、ナイジェリアで過ごす。ジュニアアスリート、ノルウェーテニス全国大会12歳以下女子シングルス優勝。

帰国後、日本医科大学卒業。日本大学形成外科入局(研究員)と同時に、ドクター・シーラボ併設の大手美容皮膚科シロノクリニックに勤務。

その後、オーソモレキュラー栄養療法と腸内フローラ・口腔フローラ療法を学び、診療に取り入れる。現在、理想の診療実現のため、フリーランスの医師としてアンチエイジング診療から難病治療まで幅広く診療、講演活動なども行っている。

得意分野

  • 子供〜大人の不定愁訴、疲労など
  • 女性特有の不調
  • 皮膚疾患
  • 腸内フローラ・口腔フローラ(リーキーガット症候群、過敏性腸炎など)
  • アンチエイジング全般、美容皮膚科
  • アスリートの不調

所属

  • みぞぐちクリニック
  • 高輪和合クリニック
    腸内フローラ、口腔フローラのオーダーメイド治療、及び再生医療を行う。

学会・資格

  • 日本抗加齢医学会 専門医
  • 日本医師会認定産業医
  • 日本再生医療学会会員
  • 日本形成外科学会会員
  • 日本美容皮膚科学会会員
  • 日本レーザー学会会員

関連サイト