メルマガアーカイブ Mail Archive

2022.03.26

2022年3月26日号


2022年3月26日号
過去のメールマガジンはこちら

本日の目次
・溝口院長のひとりごと
・スタッフ紹介
・院長書籍紹介
溝口院長のひとりごと
東京駅からクリニックまでに『八重洲さくら通り』があります。
今年は八重洲の再開発のために一部桜の木が撤去されていますが、満開のときには桜のトンネルのようになり毎年心を和ませてくれます。
そしてこの季節になると、患者さんからもうれしい報告をいただくことも多くあります。

先日は、17歳の女性が2年ぶりに来院してくれた。カルテを見返すと、初診時には他施設で起立性調節障害、うつ病の診断で抗うつ剤などの処方もされていたにも関わらず、学校へ通えていなかったようです。
栄養療法で改善し薬がなくなり、通院も必要がなくなっていたようです。
今回、久しぶりに受診するようにしたのは、高校を卒業することができ、4月からは大学へ入学することになったので検査を受けておこうと思ったとのことでした。
嬉しそうに経過を報告してくれた様子をみて、こちらもとても嬉しく感じ、元気をもらいました。

スタッフ紹介
初めまして、スタッフの本木と申します。
オーソモレキュラー栄養療法との出会いは美容でした。

学生の頃から美容が好きでアルバイト代でエステにいったりサプリメントを飲んだりしていました。
社会人になって気になるセミナーがあれば聞きに行き、そのうちに美も健康も一緒なのではないか?と感じるようになりマクロビ、ローフードなど色々寄り道し、今のオーソモレキュラー栄養療法にたどり着きました。初めてこの治療法に出会った時に思った事は「納得がいく」という事でした。
私の母と姉は看護師なのですが、よく二人が病態について話しているのを聞いていて疑問に感じていた事は、状態が良くなっていかない事を「しょうがない」と言っている事でした。医療と関係のない仕事をしていた私は、医療のプロ達なのになんで原因も分からないし、治らなくて当たり前みたいな感じなのかなと心の中で思っていました。そこに出会ったオーソモレキュラー栄養療法だったので「納得」ができこれだ!と思いました。

思い返すと、子供の頃は毎日悪夢を見ていたり、時計の音が気になって眠れませんでした。なのに目覚ましを3個かけても起きられず毎日寝ぐせで学校に通っていた記憶があります。
大きな音にも敏感でトラックなどが通り過ぎるまで耳を塞いで立ち止まっていました。
冷えたりいつもより多く歩くと関節が痛くなり、母に脚をさすってもらっていました。
冷えもすごく寒冷蕁麻疹もありました、勉強も全く出来なくてほとんど0~10点。友達は近所の犬ばかりで「友達がいない」と通信簿に書かれた事もあります。笑
今思うとかなりの栄養不足だったなと思います。

オーソモレキュラー栄養療法と出会い食事内容が気分に直結している事を実感し、今は、気持ちの切り替えや物事の捉え方が本当に安定して穏やかになりました。身体も強くなり関節が痛む事はほとんどありません。
色々改善して毎日元気に過ごせるようになりました。今もストレスや疲れがたまってくると悪夢を見て夜中何度も起きたりします。
でも理由が分かっているのでいつもより多く補ってあげたり、消耗しないようより食事を気をつけたり調整できるようになり、体調がくずれても焦る事が無くなりました。
現在は、自分自身でも沢山試し患者様と出来るだけ寄り添えるよう日々人体実験中です。
美容面でも食事とサプリメントで美容施術のダウンタイムを短縮させたり施術の効果をしっかり発揮できるようサプリメントの飲み方を変えたりとこちらも人体実験中です。
中々皆さまとお話できる機会がないのですが見かけた際は、気軽に話かけてくださると嬉しいです。スタッフ紹介も私で最後となりました、皆様読んでくださりありがとうございます。

院長書籍紹介
花粉症シーズン到来ですが皆さまは大丈夫ですか?
最近は患者様から花粉症がよくなった、花粉は感じるけど薬をのまなくても大丈夫になったと嬉しいご報告を多く頂いてます^^
花粉症は特にビタミンDが深く関わっていて血中の濃度をいい値にキープしておく事が花粉症対策のポイントです。
過去の院長の書籍に「花粉症は1週間で治る!」があります^^
なかなか攻めてる内容ですが読み応えのある一冊です^^

◇花粉症は1週間で治る!◇
https://www.amazon.co.jp/dp/4865811397/orthomolecule-22

この記事をSNSでシェア