セミナー情報 SEMINAR

終了
2023.10.07 土

治療説明会「栄養療法と統合失調症」

講師:溝口 徹 院長(事前に録画した動画になります。)
テーマ 治療説明会「栄養療法と統合失調症」
日程 2023.10.07 土
時間 15:00~(セミナー約60分)
参加費 無料
場所 オンライン(ZOOM)
定員 5名(※治療を検討されている方に向けたセミナーとなっております為、患者様の申込はご遠慮いただいております。)
講師 溝口 徹 院長(事前に録画した動画になります。)
対象者 ご受診を検討されている方
受付締切日 2023年10月3日(火)12:00まで

幻聴や強い思い込み、感情の起伏が起こる統合失調症。

現在の統合失調症の治療は薬物療法が中心となっています、薬を使う事で服用当初は、症状の改善がみられる事が多くありますが、職場復帰や復学などへは至らないケースが多いのも現状です。
統合失調症はドーパミンの分泌が過剰に起こる事が原因の一つといわれており、服用する薬もドーパミンを抑える働きのある薬を使用する事がほとんどです。

当クリニックではドーパミンなどの脳内ホルモンの分泌を調整するための材料を食事とサプリメント(栄養素)で摂取していくため、薬のような副作用がありません。

栄養療法を併用する事で期待できる効果は、、、

  • 強い疲労感の軽減
  • 抑うつ感の軽減
  • 頭がすっきりする 等の効果が期待できます。

栄養療法で身体のトラブルが減る事で薬の効きがよくなり減薬に繋がるケースも多くあります。
栄養療法は統合失調症の治療方法として始まった経緯があり、精神疾患と食事と栄養の関係は深く、また治療法として50年以上の歴史があります。

栄養療法の創始者であるカナダの精神科医エブラム・ホッファー先生は、統合失調症の患者様の治療のゴールは、”taxpayer”(納税者)になる事であると話されていました。
当クリニックでも精神疾患の患者様の治療は、薬物療法で症状を抑え込むだけでなく、日常生活を楽しめるようになり、職場や学校などへ復帰できることを目標にしています。

統合失調症の患者様は特にご家族や周りの協力が不可欠です、皆様でセミナーにご参加いただけますと幸いです。

開催予定のセミナーUPCOMING SEMINARS

  • 治療説明会「栄養療法と発達障害」

    2024.03.02 土
    テーマ:治療説明会「栄養療法と発達障害」
    時間:15:00~(セミナー全体約60分)
    参加費:無料
    講師:溝口 徹 院長(事前に録画した動画になります。)