JR東京駅八重洲北口・東京メトロ日本橋駅より徒歩5分 
オーソモレキュラー栄養療法 (旧 新宿溝口クリニック)

みぞぐちクリニック

               アクセス
完全予約制 必ず事前にご予約ください
03-6910-3847
診療時間
平日 9:30-13:00、14:30-18:00
休診日
毎週水曜日午後・木曜日・
日祝日・季節休暇

スタッフブログ STAFF BLOG

2021.02.12

TVアニメ「はたらく細胞!!」第5話 サイトカイン+溝口院長10年前と1年前のブログ!

2/6(土)『はたらく細胞!!』再放送 第5話 サイトカイン(←本日まで見逃し配信みられます♪)昨年からやっていたようですが、おくればせながら電車の中で広告をみて面白そうだなあと思い、スタッフは夜起きていられないので、録画して観てみました。

アニメの中で、細胞の役割などが画面に表示されます。例えば、「サイトカイン(IL-12)細胞から分泌され、他の細胞に働きかける生理活性タンパク質の総称」「免疫力の向上:樹状細胞の活性化により、サイトカインの産生を介して、NK細胞の上昇や特定ウイルス抗体の産生が高まると言われている。」など、むずかしい!動画を止めて読んでます。笑

樹状細胞さん(森に在住。免疫細胞を元気づけるのも仕事。)がサイトカイン(免疫細胞たちの訓練期間の恥ずかしい黒歴史写真。)をまき散らして、それをみた免疫細胞が恥ずかしくて頑張ってしまうといったストーリー展開。アニメだとわかりやすいし、キャラクターの設定、傷口をふさぐ血小板はかわいい子供たちだったり、ピロリ菌はヘリコプターのついた怪獣だったり、発想力にあふれていて面白いです♪人間の体についてのストーリーは沢山あってネタ切れはしなさそうですね!

溝口先生の著書の中にも漫画があり、当院で使っているサプリメントについても漫画での説明があります。やはりオーソモレキュラー栄養療法など複雑なことを伝えるにも日本の漫画は分かりやすい媒体です。ありがたや~!

さてさて、関連して過去の溝口院長ブログの紹介です。

10年前のがんとサイトカインについてのブログでは、がん細胞は、うつの人で多く見られる物質を産生して、生きる意欲や楽しみを奪うことも行っている可能性があるとお話しています。

②コロナ感染症の主な死因になると言われている「サイトカインストーム」について1年前のブログに書いています。
その他、感染症予防に重要な栄養素についての情報などとても参考になりますので是非ご覧いただきたいです♪

2月も中旬。もうすぐワクチン接種も始まるということですが、国際オーソモレキュラー医学会が提唱するように、栄養素の摂取は「健康的集団免疫の獲得」の基本です。

引き続き、タンパク質を含むお肉、ビタミンDや亜鉛を含む魚介類をしっかり食べて、血糖変動を大きくしない食べ方を実践して元気に過ごしていきましょう!

※「サイトカインストーム」
感染症や薬剤投与などの原因により,血中サイトカイン(IL-1,IL-6,TNF-αなど)の異常上昇が起こり,その作用が全身に及ぶ結果,好中球の活性化,血液凝固機構活性化,血管拡張などを介して,ショック・播種性血管内凝固症候群(DIC)・多臓器不全にまで進行する.この状態をサイトカインストーム(cytokine storm)という.https://www.yodosha.co.jp/jikkenigaku/keyword/2744.htmlより