お悩み・疾患別治療 SYMPTOMS

低血糖症(血糖調節障害)

オーソモレキュラー栄養療法からみた低血糖症(血糖調節障害)について

低血糖症(血糖調節障害) イメージ

血糖値は、食べ物や飲み物に含まれる糖質の摂取によって上昇し徐々に空腹時の血糖値まで低下します。その変動はおよそ80~140㎎/dlに調節されています。
糖尿病では、空腹時の血糖値が110㎎/dl以上になり、食後の血糖値が200㎎/dlを超えるようになります。内科などの一般的な診療科では、糖尿病でなければ血糖の調節は正常であると判断しています。つまり血糖値が低くなってしまったり、急激な血糖の変動にともなって様々な症状が起こる低血糖症(血糖調節障害)は、通常の医療では診断されることがありません。
低血糖症(血糖調節障害)で起こる症状には、血糖値が下がりすぎることによって生じる症状と、血糖値の低下を防ごうとして分泌される様々なホルモンなどによる自律神経症状があります。

低血糖によって生じる症状
  • 暖かいと感じる
  • 眠気
  • 空腹
  • 脱力感
  • 気が遠くなる
  • 思考力低下
  • めまい感 など
低血糖を防ぐための自律神経症状
  • 動悸
  • 冷汗
  • 不安感・神経過敏
  • 震え
  • ぴりぴり・チクチク
  • 筋肉のこわばり
  • 頭痛 など

低血糖症にはこのように多くの症状があり、低血糖症に特有の症状がありません。
さらに糖尿病でなければ血糖の調節は正常であるという一般の医療での思い込みがあるため、低血糖症の患者さんの多くは、不安障害、パニック障害、うつ病、筋緊張性頭痛、自律神経失調症などと診断され、症状を軽減させる多くの薬剤が処方されることになります。

オーソモレキュラー栄養療法での検査と診断について

血糖は食べ物や飲み物の摂取によって上昇し、その後は血糖調節に関与する多くのホルモンの分泌によって常に低血糖を防ぐように調節されています。そのため低血糖症によって生じる症状を自覚し医療機関を受診したときに行われる血液検査では、低血糖はすでに補正され血糖値は正常にもどっているため正確に診断されることはありません。
みぞぐちクリニックでは、2003年に新宿溝口クリニックとして開設されてから低血糖症に注目し多くの患者さんへ5時間糖負荷検査をおこない低血糖症を診断してきました。
近年になりフリースタイルリブレなどの機器が開発され、24時間の血糖変動を容易に測定することができるようになりました。特定の条件ではなく、日常生活における食事との関係や睡眠中の血糖の変動を把握することができるようになりました。みぞぐちクリニックでは、この機器を利用し2週間の血糖変動と食事や運動などの生活習慣と血糖の変動について検査をしています。

検査 イメージ

5時間糖負荷検査

糖尿病の診断では、75gのブドウ糖を摂取し2時間の血糖の変動を測定します。みぞぐちクリニックで行っている低血糖症の診断のための糖負荷検査では75gのブドウ糖を摂取し5時間検査を行います。実際には、10時間以上絶食した午前9時半に空腹時の検査を行い、血糖値、インスリン値、HbA1c、グリコアルブミン、1,5-AGなどの項目を測定します。
そして75gブドウ糖を摂取し、15分・30分・60分・90分・120分・150分・180分・240分・300分の合計10回少量の血液を採取し血糖値とともにインスリン値を測定します。血液採取時の体温を測定し、同時に自覚する様々な症状を自由記載していただきます。
5時間糖負荷検査では、血糖の変動だけでなくインスリンを測定することが特徴です。
インスリンの分泌パターンは、自律神経症状と深く関係するため、血糖値が正常でも生じる低血糖症の様々な症状を説明することが可能になります。
また自覚症状を記載することで、患者さまもつらい症状と血糖やインスリンの変動との関係を理解することが可能となり、食事の工夫などで対応可能であることを知ることになります。

正常な5時間糖負荷検査の結果
正常な5時間糖負荷検査の結果

  • 血糖値:○の折れ線グラフ
  • 体温:●の折れ線グラフ
  • インスリン:棒グラフ

90㎎/dl前後の空腹時血糖から75gのブドウ糖を摂取によって血糖は60分後に160㎎/dlを超えることなく145㎎/dlまで上昇しています。
その後、血糖は緩やかに低下し180~240分後に最低を記録しています。

反応性低血糖症のグラフ
反応性低血糖症のグラフ

このグラフは過食・うつ症状・肥満などの改善を目的に受診された20歳代の女性の患者さまの結果です。
正常な空腹時血糖ですが、75gのブドウ糖を摂取したところ血糖値は200㎎/dl以上となり、その後急激に血糖値は低下し4時間後には空腹時血糖をはるかに下回る36㎎/dlまで低下しています。この急激な血糖の低下と実際の低血糖は強い食欲を刺激し過食の原因となり、重度の低血糖はうつ症状の原因にもなります。

無反応性低血糖症のグラフ
無反応性低血糖症のグラフ

通常では75gのブドウ糖を摂取することによって血糖値は140㎎/dl前後まで上昇します。無反応性の低血糖症では、ブドウ糖を摂取しても血糖の上昇が起こりません。このような状態では、食事を摂取しても元気にならず強い疲労感や抑うつ感を終日自覚することが多くなります。
みぞぐちクリニックの経験では、無反応性低血糖症の患者さんは20歳未満を含む若い方に多く、朝起きられず学校や会社へ行くことができないことが多くあります。起立性調節障害やうつ病、適応障害などと診断されている場合には無反応性低血糖症のことが多く、無反応性低血糖症では夕方になると比較的元気になることもあるため、医療スタッフからだけでなく家族や学校、職場かなどの周囲からも理解されずストレスになることも多くあります。

このグラフは、うつ病と診断されていた20歳代の女性の患者さんの結果です。
16歳頃から朝起きることができなくなり日中に強い疲労感と抑うつ感を伴うようになりました。18歳時にうつ病の診断となり抗うつ剤が処方されるようになりました。明らかな効果が得られず徐々に薬が増えてきたため他の治療を探しオーソモレキュラー栄養療法を知ることになりました。

乱高下型低血糖症のグラフ
乱高下型低血糖症のグラフ

正常な空腹時血糖で75gのブドウ糖摂取によって正常な血糖の上昇が得られています。この正常な血糖上昇にたいしてインスリンが過剰に分泌していることから血糖は急激に低下しブドウ糖摂取の60分後には空腹時血糖の近くまで低下します。
ブドウ糖を摂取したにもかかわらず、すぐに血糖が低下していることから多くのホルモンの作用によって再び血糖が上昇し150分後に2回目の血糖値のピークを形成します。
このような乱高下型の低血糖症では、様々なホルモンを分泌し低血糖を防ごうとします。
それらのホルモンには、アドレナリンやコルチゾルなどが含まれているため、アドレナリンによる動悸や緊張、手足のしびれや筋肉のこわばり頭痛、コルチゾルの頻繁な分泌によるニキビなどの皮膚のトラブルや肥満、副腎疲労の原因にもなります。

24時間持続血糖測定(フリースタイルリブレ)

みぞぐちクリニックでは、低血糖症の正しい理解のため2006年頃から日常生活をしながらの持続血糖測定のための機器を揃え検査してきました。
その当時は、ブラスチックの針を皮下に留置し国語辞典のような大きさと重さの機械をぶら下げて、皮下の針から体液を吸引しブドウ糖濃度を測定していました。
1日に5回実際の血糖値を測定しキャリブレーションをしなくてはならず、しかも検査は72時間が最長でした。
検査を受ける患者さんはお風呂に入ることができず、常に大型の機械をぶら下げての活動でもあり大変ご苦労されたと思います。
近年になり技術の進歩は目覚ましく、入浴、運動なども可能なフリースタイルリブレなどの機器が開発され睡眠中を含めた24時間の持続血糖を容易に測定するこが可能となりました。

みぞぐちクリニックでもフリースタイルリブレを導入し2週間の血糖変動をプリントアウトし、食事・運動・ストレスなどと血糖変動の関係についてモニタリングしています。
その結果、夜間低血糖になっている場合の睡眠のトラブルとの関係や、同じ糖質量においても食材の違いによって血糖値の上昇が全く異なることなども知ることが可能となりました。
この検査方法では、自律神経と深く関係するインスリンについて測定することができませんが、食事・運動・睡眠・ストレスなどと血糖関係を知ることができる大変有効な検査方法です。

24時間持続血糖測定(フリースタイルリブレ) イメージ

このグラフは40歳代女性で、朝起きるのが辛く午前中の倦怠感を主訴に来院されました。
フリースタイルリブレの結果では、夜間~早朝~午前中に血糖値が80㎎/dl以下になる低血糖の時間帯があります。下段の午後は糖質を多く含む昼食による食後高血糖を示します。

24時間持続血糖測定(フリースタイルリブレ)

このように夜間低血糖によって睡眠の質が低下し朝起きにくなどの症状では、通常の睡眠導入剤などによって眠りを改善しようとしても改善が得られず、睡眠薬などの依存を作ることにもつながります。

料金(目安)

5時間糖負荷検査
24,200円
血糖値とインスリン等の変動を5時間にわたり調べる検査
随時血糖測定検査(24時間持続血糖測定)
24,200円
日常生活における血糖値の変動を調べる検査(1週間以上2週間まで)
初回基本プラン
52,800円
初回基本プランに含まれるもの
・詳細な血液検査+栄養解析レポート
・診察料 5回分

※追加検査が発生する場合があります。追加検査の料金の詳細などは診療料金をご覧ください。

月々のサプリ代
2万円~6万円

記事執筆者

溝口徹 画像

医療法人 回生會 理事長
みぞぐちクリニック 院長

溝口 みぞぐち とおる

所属・資格

  • 栄養解析医
  • 栄養解析レポート監修
  • 社)オーソモレキュラー栄養医学研究所 代表理事
  • 日本抗加齢医学会 評議員
  • 2018年国際オーソモレキュラー医学会 Hall of Fame
  • 2020年第2回日本オーソモレキュラー医学会総会 会頭

  • 栄養療法ブログ
  • スタッフブログ
  • オーソモレキュラー栄養医学研究所
  • 書類ダウンロード
  • メルマガ登録
  • セミナー情報
  • メディア掲載情報
  • 書籍情報
  • Twitter
  • Instagram
  • Facebook