お困りの症状 SYMPTOMS

発達障害

発達障害をとりまく現状

発達障害と診断される児童生徒が増え2004年に発達障害支援法が制定、さらにできるだけ早く支援を行うことを目的に全国の自治体に発達障害支援センターを設立しました。しかし発達障害と診断される児童生徒は増え続け教育現場では大きな問題になっています。

発達障害の診断は細分化され、多くの病名に診断されるようになりました。どのような病名に診断されたとしても、療育と投薬が治療の中心です。療育とは、障害のある子どもの発達を促し、自立して生活できるようする援助のことであり、学校生活や日常生活に大きな支障がある場合には、その症状を軽減する目的に投薬治療が行われています。

発達障害の基本的な特性

注意欠如・多動性障害(ADHD)、自閉スペクトラム症(ASD)、学習障害(LD)の3つの病名は発達障害の基本的な特性を示す代表的な病名です。ところが実際の患者さんは、クリアカットにすべての特性が当てはまるのではなく、図表のように多くの症状や特性が重なり合うのです。しかも年齢とともに症状は変化することも知られており、特定の病名に診断すること意義が問われるようになりました。

欧米では以前から自閉症・発達障害と食事の関係が注目され、グルテンやカゼインを除去する食事方法や重金属のデトックス、さらには栄養素をサプリメントで補う栄養療法などが行われています。当クリニックが専門としているオーソモレキュラー栄養療法も、自閉症・発達障害に対する治療法として1960年代から北米を中心に行われています。

この治療の特徴は、病名によって治療法が決まるのではないということです。同じ病名の患者さんであっても食事指導が異なったり、使用する栄養素の種類や量が異なることが特徴です。それは栄養バランスの乱れが発達障害に見られる症状と深く関係しているため、そのときに最も問題となっている症状にターゲットを絞り治療方針を組み立てるためです。

たとえば初診時の問題点が、『じっとしていられない』『すぐにカッとなってしまう』という症状である場合には、血糖値の変動を穏やかにしビタミンB群やヘム鉄を中心に栄養素の補給を行います。これらの症状が改善し、『漢字テストでケアレスミスが多い』『不適当な会話になってしまう』という症状が中心になったときには、DHAやナイアシンなどの栄養素が優先されるようになります。

当クリニックでは、必要であり優先される栄養素を選択するために詳細な血液検査を行い、患者さん一人一人に最適な食事の指導と栄養素の補充を行うようにしています。
発達障害によくみられる特徴的な症状と栄養素の関係について、チャートを用いて評価することも併用しています。詳細は、「発達障害は食事で良くなる」(溝口徹著 青春出版社)を参考にしていただければと思います。